【2018版】「マンション 電話」の検索結果20位をまとめた結果を3分で

参考サイト&ブログ

 

ワンルームマンション投資の電話営業は何故なくならないのか

職場に、「投資用マンションに興味はありませんか」という電話がかかって来た経験がある人は多くいるだろう。いわゆるマンション会社から無差別に掛かってくる勧誘電話だ。

まず始めに知っておいて欲しいのは、これらの会社からかかってくる電話で提案されるものの中で、いい投資案件は一つもないということだ。

古典的な押し売りの例だと、羽毛布団や毛皮のコートなどが過去にはあったが、マンションなどの投資商品もそれらと同じだ。放っておいても売れるものは、わざわざ営業マンを多数雇って営業攻勢を掛ける必要性がないのだ。

[関連記事] アパート経営で失敗する人の特徴7つと回避法
ワンルームマンション営業の内実とは
彼らの会社の収益構造はどのようになっているのかを説明しよう。これらの会社が多く扱っているのは、都心のワンルームや1K、1LDKの物件で、その多くは2,500万円程度の価格帯で利回りは4%-5%ぐらいだ。

ローンはノンバンクで2%程度の金利で借りることを推奨することが多く、このような物件をノンバンクを使って買ってしまうと、他の銀行から追加で借入をするのはかなり難しくなる。

利回りが4%で金利が2%だと、計算するまでもなくキャッシュフローが出ないことがわかるだろう。

返済の他に、管理費・修繕積立費・固都税が別途かかるので、月間収支は1万円-2万円ぐらいの赤字に新築時から掛かる場合が多い。

当然ながら、入退去のたびに募集のためのお金はかかることになる。また、経年とともに修繕積立金は上がり家賃は下がることになる。

そうすると赤字額は月3万円、4万円と膨らんでいってしまう。

ワンルームマンションからから不動産投資を始めてしまうと、いきなり行き詰ってしまうのだ。

こんなのが投資と言えるのかと思うかもしれないが、

「いま加入している保険の満期時の返戻金より、ワンルームマンションの方が利益が出来ます」

「数年以内に値上がりが期待できるので、今がチャンスです」

などの甘言により、多くの人が営業マンに乗せられて買ってしまっているのだ。

当然ながら、販売価格には利益がたっぷり乗っている。

そうでなければ利回りが4%や5%という収益性が低過ぎる商品が出来上がるわけがない。

販売価格の約10%ぐらい(2,500万円だと250万円ぐらい)は、販売した販売会社に販売手数料として取られると思ってほしい。

利回りが4%の物件は、もともとデベロッパーが利回りが7%程度で建てたものだ。

物件価格が2500万円で利回りが4%だとすると、そもそも1,500万円の価値しかないのだ。

[関連記事] 不労所得だけで生活したい!月10〜50万円以上稼ぐ方法と種類大全集
営業マンはワンルームマンションをどうやって売っているのか

販売会社はこのようなワンルームマンションを売るために、20代前半の若い営業マンを20人も30人も年収300万円ぐらいで雇う。

そして、朝から晩まで体育会的な叱咤をしながらひたすら電話を掛けさせるのだ。

入社した社員のほとんどが数年以内に辞めるので、いわゆるブラック企業に分類されるわけだが、社員1人当たり年間2部屋ぐらい売ってくれていれば、給料と経費を差し引いても会社の利益は十分出る。

営業の具体的なやり方は、名簿帳の電話番号の下4桁を変えて無差別に電話を掛けるなどの手法なので、成約率が大変低い非効率な方法だ。

ただし、100人も電話を掛ければ2人か3人は話を聞いてくれる。

ここからの成約率は営業マンの腕によるが、平均すると話を聞いてくれた人のうち30人に1人ぐらいは実際に買ってくれるようだ。

販売会社サイドからすると、社員にマニュアル化された営業トークで電話攻勢をさせれば、過去の平均的な成約率から利益を得られる算段をつけることができるのだ。

これはある意味わかりやすい商売だ。

営業マンの母数を増やせば、成約率は変わらなくても成約額(利益額)は増える構図になる。

営業マンの質を均質化すれば、確率は低いものの買う人を見つけることは確実に出来るのだ。

これが、ワンルームマンションの電話営業はいつまで経ってもなくならない理由だ。

では、このように販売されるワンルームマンション自体がどういう品質なのかという話をしよう。もともとがこのようなブラックな販売手法で売ることを見込んで建てているマンションなので、デベロッパーもまともな会社であるはずがない。

買主や借主のことを考えた設計になっているはずもなく、いかに自分たちが売り抜けて儲けるかという点だけを追求している。決して手抜き工事をしていたり造り自体が悪いとは限らないが、ともにかくコストが高く割高なものが多い。

新築ワンルームのRCなら、目安として1室800万円で建築が出来ると言われている。

これに土地値を足した金額が原価だ。

東京23区内のいい場所でも、1室あたり1,500万円程度かければワンルームマンションが建てられるのだ。

経費を加えても、原価におおよそ1.5倍ぐらいの利益を乗せた金額が、エンドに販売するワンルームマンションの販売価格になっていることがわかるだろう。

このような内実を知れば、ワンルームマンションは金額的に割安なものが提案されるわけがないことが分かると思う。

不動産投資で確実にリスクなく収益を上げたければ、一棟物のアパートを新築で建てるか、中古の物件を狙うのがいいだろう。

不動産投資で成功する方法については、30日間の「無料オンライン講座」で詳しく解説をしている。

独学でよい物件を買うことは決して簡単ではない。

ただし、やり方さえわかっていれば不動産投資で月50万円以上の収益を上げることは決して難しくないと私は思っている。

既にワンルームを買っている人もまだ物件を持っていない人も、無料オンライン講座を受けてみると不動産投資で成功する方法がわかると思う。

 

マンションや投資商品のうざったい電話勧誘を止める3つの術

投資マンションやその他の商品でも、一番クレームや相談が多いのが「電話営業」であり、世の中的に最もメジャーな営業方法です。

氏名、性別、住所、生年月日、電話番号、会社名など分かるリストが高額で売買されており、一度でも営業電話があったのであれば、今後もいろいろな業者から掛かってくる事になるでしょう。

「じゃあ掛かってきた電話番号さえ解約すればいいの?」

たしかにその番号を解約すれば、出回っているリストから電話を掛けることは出来なくなりますが、そこまでする必要はありません。

今後、営業電話などをさせない為に、私生活での注意点をいくつか紹介します。

目次 [非公開]

1.リストの売買は合法なの?
2.営業電話を止める方法
まとめ
1.リストの売買は合法なの?
なにも知らない方は「リストを売買するのは違法じゃないのか?」と疑問に感じることはありませんか?結論からいうと合法的に売買することは可能なのです。

私は合法だと知っている今でも、リストの売買には納得しておらず法規制を希望しています。本題の「営業電話を止める術」を紹介する前に、少しだけリストの売買について述べさせてもらいます。

名簿業者の存在
リストの売買を仲介する「名簿屋」という業者がいるのをご存知だったしょうか?その業務は言葉の通り、他人から買取ったリストを欲しい人へ転売するのが仕事です。

名簿屋が保有しているリストの中にはおそらく私の情報もあるでしょうが、当然ながら私は名簿屋へ情報を提供した覚えはありません。どこで入手したかは不明ですが、盗品の可能性だってあります。

でも盗品のデータを売買するも合法なの?と思われるかもしれませんが、もちろんそれは違法です。個人情報保護法の第17条で以下のように定められています。

偽りその他不正な手段により個人情報を取得してはならない
不正に取得した情報を売買することは違法なのです。また、名簿屋は禁止されている以下のような取得方法も行っているのです。

卒業生一覧の名簿
同窓会名簿
会社の機密情報
商品購入者情報
会員権所持者 など
入手ルートをあげたらキリがありません。日本人のほぼ全員の情報を握られているといってもよいでしょう。なぜ国は名簿屋という商売を容認しているのか理解に苦しみます。

名簿の売買によって生まれる犯罪
個人情報といっても氏名や住所をはじめ、銀行、クレジットカードなどの資産に関わる情報まであります。その為、世の中で起きている犯罪の多くの原因となっている可能性もあり、その例として皆さんの記憶に新しいものがあります。

ベネッセ個人情報流出事件です
最大で2,070万件に及ぶ個人情報が流出して、毎日のようにニュースで見かける時期がありました。この事件は名簿屋が不正に情報をして、第三者へ転売したわけですが、目に見えない被害者は大勢いたはずです。

その他にも名簿を利用される事によって犯罪、及び被害が想定されるものは

振り込め詐欺
サイト利用者へ架空請求
迷惑メール
不正送金やクレジットカードの不正利用
投資商品の販売
上記はほんの一例ですが、大事な財産を騙し取られる犯罪へと発展しているのは事実であり、被害者となるのは高齢など情報弱者の方も多く、絶対に許されることではありません。

名簿屋の存在を認められないのでちょっと熱くなってしまいましたが、投資マンションの迷惑電話に関しても同じ事が言えると思います。金銭を摂取される電話ではありませんが、精神的に参るなど十分な被害を受けることには変わりありません。

それでは「電話勧誘を止める術」を紹介していきますが、その根源に名簿屋いることを覚えておいてください。

2.営業電話を止める方法
いくら断っても頻繁にかかってくる営業電話。相手も仕事だという事は分かりますが、迷惑だと意思表示しているのに掛けてくるのは論外です。

そのような電話を止める3つの術を紹介していきますが、1つずつ段階を踏んで説明していきます。実際に営業電話を止めたい場合は「壱~参」の順に試されてください。

【その壱】法律を盾にする
投資マンションの悪質な電話勧誘は、昔から相談件数が多く問題となっていることです。その事を受け、数年前に宅建業法の改正が行われ、悪徳業者の締め付けが強化されました。

宅建業法の改正については「投資マンションの悪質な勧誘から100%身を守る方法」で詳しく説明しているのでご覧ください。

改正されたのは以下の内容です。

勧誘に先だって宅地建物取引業者の商号又は名称、勧誘を行う者の氏名、勧誘をする目的である旨を告げずに、勧誘を行うことを禁止
相手方が契約を締結しない旨の意思(勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む。)を表示したにもかかわらず、勧誘を継続することを禁止
迷惑を覚えさせるような時間の電話又は訪問による勧誘を禁止
上記内容であれば、迷惑だと感じている人の悩みのほとんどがカバーされるはずです。少しでも該当するのであれば、業者へ電話を止めるように言ってください。

①法律に違反していると伝える
業者の間違いなく認識しているはずですが、こちらも知っている事を相手に理解させる。この時点で諦める業者が多いはず。
これでも営業電話を止めようとしなければ「その弐」へ。

【その弐】然るべき機関に通報
この時点でまだ電話を掛けてくるという事は、宅建業者の免許が無く、相当悪質な業者の可能性が高いです。逆ギレしていたずら電話などしてくる事もあるので、早めに以下の対応をとりましょう。

②警察・国民生活センターに通報
番号が通知されているのであれば控え、警察や国民生活センターに通報する。そこまで話がこじれると言わないと思うが、相手の会社名など聞けると尚良し。
国民生活センター:188

業者検索:宅建業者等企業情報検索システム

これでおそらく苦痛になっていた営業電話から解放されるでしょう。もし、電話が続く様であればその業者は相当馬鹿か、逮捕される覚悟があるぐらい怒っているはずです。その場合は「その参」へ。

【その参】電話を解約する
ここまで状況が悪化してしまったら、対応策が見つかりません・・。アドバイスにならずに申し訳ありませんが、その状況を我慢するか以下の方法しかありません。

③電話回線の解約して番号を変更
電話番号を変更するのはとても面倒なので、できれば避けたいところですがしょうがありません。また、「自宅に訪問する」と言われてもビクビクする必要はありません。そこまでする業者は万に一つもいないと思われます。
NTTの解約:116

auの解約:0077-777

以上、迷惑な営業電話を止める術となります。解決できれば幸いですが、不安な事があるようでしたら問い合わせよりご相談ください。

まとめ
不動産投資をはじめるなら絶対に「電話営業で契約しない」でください。依頼する業者の選定は永遠の課題でもありますが、幅広い知識があれば選ぶ基準も分かってくると思います。

投資の注意点として「不動産投資で失敗したくない人が心得ておく4つの注意点」も合わせて読むと、投資に対する心得が分かり、きっとこの先役に立つ事があるはずです。

不動産投資に関しての記事をこれからも更新していくので、またの訪問お待ちしています。

 

投資マンションを販売する「営業の実態」を知っていますか?

投資マンションなどを販売している業者が、想像以上に悪質で違法性のある販売手法だということをご存知でしょうか?知らずに足を踏み込むと後々、後悔する事になってしまいます。

前回の記事「投資マンションの悪質な勧誘から100%身を守る方法」では、法改正などについて紹介しているので、先に読まれることをおすすめします。

今回は「営業の実態」をお伝えしますが、賃貸などより利益が上げやすい投資マンションの販売では、悪質な手法を使ってでも契約をさせる営業マンが存在します。

なぜそのような営業スタイルになってしまうのか?現実に起こっている事実を紹介していきます。

目次 [非公開]

1.悪質な営業がなくならない理由
2.悪質な勧誘のやり口
まとめ
1.悪質な営業がなくならない理由
テレビやネットなどのニュースで、悪質な業者の販売手口が度々紹介されていますが、法規制などを行ってもなぜなくなる事がないのでしょうか。根本的な理由を考えた事はありますか?

投資マンションを売れば儲かる
会社の存続に関わる「営業停止」になってまで、悪質な営業を続ける理由は「儲かる」からです。特に投資マンションの販売は賃貸などと比較すると、物件の価格にもよりますが、月にひとつでも契約をとれば十分な利益を確保できます。

会社という組織で動いているので、当然利益を上げていくのは当たり前です。しかし、多くのケースは儲けた時期に標準が合わせられている為、景気に関係なく社員はノルマを課せられます。

また、社員も売れば売るほどたくさんの給料をもらえ、生活水準を落とせなくなっていき、悪質な手法を使ってでも契約をとらないといけない状況になってしまいます。

売上のノルマ、生活水準の維持などの理由
その流れを会社の代表者、マネージャーが作り上げ、今の時代に適さない「超縦社会」となっているのです。

大手のような信用がない

テレビCMで見かけるような大手不動産は、普段から消費者の目に留まり信用があるので、強引な営業をしなくてもある程度販売できてしまいます。これは限りない資金が用意できる特権でもあり、中小の不動産会社には到底真似する事はできません。

知名度がない状態からの営業となると、大手と同じ営業手法で行っていてもほとんど販売する事はできません。では、どうすれば売ることができるのか?

それは、多少強引にでも売らなくてはいけなくなります。

こうした悪循環で「悪質な営業」が後を絶たないのです。今に始まったことではありませんが、社会の仕組みが劇的に変わる以外、無くなることはないと思います。

2.悪質な勧誘のやり口
悪質な勧誘と聞くと、電話や訪問で威圧してくるイメージを持たれると思いますが、実際に起こっている勧誘を知ってもらおうと思います。中には精神的に参ってしまう方や、買いたくもない物件を購入する人まで様々です。

投資マンションの悪質な勧誘の被害

理由なく逆ギレされる営業
出典:新横浜勧誘電話博物館

20時ごろに1回目の電話が鳴り、お話を聞いたところ不動産投資をセールスでした。用事があったの丁重に断りして切ったのですが、その後20回ぐらい立て続けに掛かってきました。

途中から電話を録音していたのでその旨を伝えると、逆に「脅迫するんですか?」と言われる始末。電話を終わらせたい一心で、失礼な電話対応があったことをお詫びし、契約やアポイントの意思はないと伝えますが、なかなか電話を切ってくれません。

こちらから何度か電話を切りましたがしつこくかけ直してきます。そのやり取りの中で恐怖を感じる事が多々あり、

「自宅まで訪問するから」と。

録音の旨を伝えたことで直接法律に触れるような発言はありませんでしたが、「訪問する」というのはしつこく言ってきます。そういったやり取りを散々つづけ、ようやく終息となる言葉を相手が言ってきました。

「今後、同様の電話がかかってきて、興味がないのだったらガチャ切りしてください」

相手がここまで執着してきた理由は、途中で電話を切った事が気に食わなかったようです。今後、このような電話が鳴らないかと不安も残り、睡眠に障害が出てしまいそうです。

「無理してでも冷静に」
上記の業者は悪徳業者の代表的な例ですが、ギリギリ法律に触れない程度に威圧してきます。向こうから掛けてきてこちらが下手に出るのは嫌でしょうが、冷静に対応しましょう。

こちらは相手の詳細を知らず相手は知っている状況なので、虫の居所が悪いといくらでも嫌がらせしてくる可能性があります。

弱みにつけ込んだ営業
体験者:米田さん

OLをしている単身の女性の元に1本の電話が鳴りました。いつも通り「米田です」と出ると投資マンションの営業電話でした。

普段から同じような電話がよくなるので、いつもどおり「間に合ってます」と伝え切ろうとしましたが、なかなか切らせてもらえません。元々、強い言葉で断るのが苦手な方で、結局20分ぐらい話し続けることに。

「資料を見て頂くだけで結構なので!」

この言葉を10回以上も言われ、キリがないと思い自宅へのアポイントを承諾する事にしました。後日、なぜか上司と2人で訪問してきて苦悩の日々が始まる事に。

立ち話じゃ資料が広げられないという理由で、自宅に上がらせてほしいと言われしょうがなく入ってもらいました。不動産投資にまったく興味がなかったので、ずっと断りますが、一切聞く耳をもってもらえません。外出する用事もあったので返って欲しい旨を伝えると、次のアポイントを貰えればと。

後日、また同じ提案を永遠とされ、その度に断る繰り返し。

その後も訪問してきて提案されるのが約1ヵ月ぐらい続き、あまりにも苦痛だったため、2,000万円のマンションを契約してしまいました。

ちなみにそのマンションの運用は失敗し売却済です。

「優柔不断は命取り」
決して悪質な人ではなかったようですが、米田さんの弱みにつけ込んだ押し売りです。

そもそもアポイントの承諾が元凶ですが、自宅に上がらせるのは以ての外です。特に一人暮らしの女性は狙われやすく、そういったリストが業者間で出回っています。

まとめ
自分もその業界にいたのであまり悪くは言いたくないですが、正直、不動産投資の営業スタイルにはあまり共感できません。もちろん真面目に行っている業者の方が多いですが、一部の悪徳業者によってその信頼は崩壊しているといっても過言ではありません。

それじゃあ投資マンションを購入したい人は、失敗しないためにはどうすればよいのか?

信用できるアドバイザーを見つける
不動産投資の知識をつける
これに尽きます。ただ、これが一番難しい事なんですよね・・。

当サイトでは今後も不動産投資に関して、幅広い情報を提供していくつもりです。決して無駄な事は書かないので、投資を成功させたい!という人は全ての記事の内容を理解してください。

それでも分からない事や相談した事があれば、お気軽に問い合わせください。

 

「投資マンションにカモられた人」が見た地獄 | 不動産 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

簡単に儲けられる話ではありません(写真:xiangtao / PIXTA)
最近の書店では、投資用マンションなどへの不動産投資で資産形成が簡単にできるといううたい文句の踊る書籍が目立つ。しかしながら、実際にはそう簡単ではない。
サラリーマンや公務員などであれば、安易に不労所得が得られる話に乗ってしまうかもしれないが、投資マンション、特に新築の物件を買うと後々厳しい現実が待っている。『不動産投資は出口戦略が9割』の著者で、住宅コンサルタントの寺岡孝氏が解説する。
飛んで火に入る夏の虫
ワンルームマンションなどの投資物件を扱う不動産会社は、とくに「買わせてなんぼ」の世界。セールストークも実に巧みだ。こうした会社は、まずターゲットの勤務先に電話をかけて営業する。「節税できる」「生命保険の代わりになる」「将来の年金になる」などとあおる。そこで「脈あり」と思われてしまうと、営業マンとの面談やセミナーへの来場などを勧められる。

実際に足を運べば、「飛んで火に入る夏の虫」よろしく、あの手この手のトークでたたみ掛けられる。そしてあれよあれよという間に契約書にサイン。「言われるがままに買ってしまった」ということになりかねない。

関西圏で投資用ワンルームマンションを2戸購入した会社員のAさんは、大阪の不動産業者から電話勧誘を受けた。当初は疑いの目で見ていたが、「マイナスにならない」「税金対策になる」などという説明と「決算で早い者勝ちだから」と急かされたこともあって、営業マンの言うとおり新築マンションを2戸契約した。

その後、その営業マンからまたすぐ電話がかかってきた。「また良い物件があるから特別に案内します」と長時間説得されて疲れてしまい、「わかりました。話を進めてください」と言ってしまった。

 

しつこい投資用マンション勧誘電話のおすすめ断り方 – NAVER まとめ

アベノミクスに乗じた投資用マンションの勧誘電話が増加しているようです。

EARL@発表多すぎてパワポ漬け@DrMagicianEARL

フォローする
【医師国家試験に合格した君へ】①指導医の治療法は鵜呑みにしないように.ちゃんと調べましょう.②研究会には毛嫌いせずどんどん参加しましょう.あたり次第で何かに目覚めます.③不動産に興味がないなら日本エスリードからの電話はむこうが名乗り次第切りましょう

返信 リツイート いいね 2013.03.19 21:57

辻田 慈夫 Tsujita Shigeo@olafcrossfield

フォローする
日本エスリードの電話勧誘。ちょっと頻度が度を越してるんじゃないかと思う。 pic.twitter.com/qldMAut28Z

返信 リツイート いいね 2013.08.05 06:52

いとう@Ito1973

フォローする
マンション投資の勧誘電話かかってきてうつ病通院中でも団信通しますって担当者が断言してたw。

返信 リツイート いいね 2014.01.24 21:26

虫とり小僧@mushitori

フォローする
悪徳営業マンが自分は悪徳だと認識してやってる場合はヒドいヤツだなぁとか思うけど、ホントに厄介なのは営業マン自身も会社とかに洗脳されていて消費者のためによかれと思ってやっている場合。決して引き下がらないし、独善的だから、あれは強敵でっせ。

返信 リツイート いいね 2014.02.02 09:49

どうやれば、すんなり勧誘を断れるか、みんなのおすすめ方法をご紹介!

①野球

虎年の獅子座@torashishiza

フォローする
また怪しげな不動産屋から「マンションを買いませんか・・・」の電話営業。とっさに、「あなた、プロ野球はどこのファン?」って聞いてやると、戸惑いながらも営業マンは「巨人です」と。「それでは、話し合いの余地は一切ありませんね」で電話切ってやった!しばらくこのパターンで行こう(笑)。

返信 リツイート いいね 2013.11.23 20:39

②死亡

巨大少女い~むちゃん@eame7

フォローする
親父が「お子さんのマンション探してませんか」みたいな電話勧誘に対して「あー…、ちょうど1年前に亡くなったんですよ…」って勝手にぼくを死んだことにして電話切ったの思い出した

返信 リツイート いいね 2014.01.29 16:43

③宅建

Shimanami Ryo@shimanamiryo

フォローする
このところ、研究室への投資マンション勧誘電話がまたぞろ増えてきた。はっきりとお断りした後、まだ勧誘を続ける場合には、ぼそっと「宅建業法施行規則16条の12第1号のニ」とささやくことにしている。魔法の呪文である。

返信 リツイート いいね 2014.01.31 15:30

なる@NaruBeya

フォローする
なるほど:宅建業法施行規則16条の12第1号のニ 宅地建物取引業者の相手方等が当該契約を締結しない旨の意思(当該勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む。)を表示したにもかかわらず、当該勧誘を継続すること。

返信 リツイート いいね 2014.01.31 19:01

④実際の投資利回り

ビール&パートナーズ@ttori5112

フォローする
昔不動産会社から「年*%の利回りが出ます!」って電話がかかってきたから、興味引かれて「それ年の賃料だけでしょ?*年後マンション価格幾らになってるって想定?それも加味した総合利回りは?」とかいろいろ聞いたら後ろにいる上司らしき人とごにょごにょ話し、いきなり電話切られた事あったなー

返信 リツイート いいね 2014.02.02 12:55

⑤アニメ

えるまる@erumaru_ricotta

フォローする
今年、勧誘電話来たら、1時間くらいアニメについて話し続けてやろうと決意してから既に1ヶ月…… 電話が来ない…

返信 リツイート いいね 2014.02.02 18:46

⑥同業者

マグ倫 予想屋&料理研究家@Mag_rin31

フォローする
勧誘の断り方? 管財人の留守番やけどおたくも同業かい?って電話対応するんや(笑)

返信 リツイート いいね 2014.02.02 16:44

⑦無職

らう@rau2rau2

フォローする
なんか今投資用マンション勧誘電話の断りかたが話題になってるが、今無職なんでていえば一発ですよ、ちなみに絵うりもあっさりひきさがった。というか、本当に世の中、無職だけは相手したくないらしい。あからさまにやなかおされるw

返信 リツイート いいね 2014.02.02 16:42

らう@rau2rau2

フォローする
ヨドバシカメラ前で新しいポイントカード勧誘されて色々記入させられた挙げ句、職業、無職に丸してだしたら、相手が固まってたwまあクレジット付たがらだがw

返信 リツイート いいね 2014.02.02 16:53

ほいみん@takechan0720

フォローする
無職で金のない奴にはあんま電話かかってこないよ。あれは何かの名簿に登録されたのがきっかけでバタバタ来ることが多いから。嘘ついてもむこうはわかってる。

返信 リツイート いいね 2014.02.02 23:11

⑧反社会勢力

三河屋@sabu_mikawaya

フォローする
しつこい勧誘をシャットアウトするテクニックは、「こいつに関わったら自分がヤバくなると思わせる」こと これですよ

返信 リツイート いいね 2014.02.02 11:10

三河屋@sabu_mikawaya

フォローする
「金融商品でも不動産でも投資したいけど、反社会的勢力であるがゆえに今までまったく案内がこなかった。今回、電話してきてもらえて嬉しい。絶対案内よこせよ、電話切るなよ。」これおすすめ

返信 リツイート いいね 2014.02.02 10:39

たてコールセンター室長@tate_it

フォローする
やくざだけど、投資用マンションの話聞きたいぞ!って言えばいいのか。

返信 リツイート いいね 2014.02.02 10:35